【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ヴォクシー】はどっち?

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では100万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
各買取業者から電話が来ることはありません!
(電話はユーカーパックからのみです。)

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!

ちょうど良いサイズ感で運転しやすいステップワゴンとトヨタの大人気ミドルクラスミニバンのヴォクシー

両車共にライバル関係のミニバンですが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

価格、大きさ、燃費の3点でその違いについて比較しながら見ていきましょう。





【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ヴォクシー】価格はどっち?

【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ヴォクシー】価格はどっち?

誰にでも運転しやすい親しみやすいサイズ感が特徴のステップワゴンと、トヨタのミニバンの中でも一番人気なヴォクシー。

両車共にライバルとしてしのぎを削っていますが、価格はどのようになっているのでしょうか。

ステップワゴンとヴォクシーのガソリン車、ハイブリッド車のグレードごとの価格について比較していきましょう。

因みに、両車のグレード構成については後に詳しく紹介しますがステップワゴンはガソリン車が7グレード構成でハイブリッド車が5グレード構成、ヴォクシーはガソリン車が5グレード、ハイブリッド車が4グレード展開です。

ホンダ・ステップワゴンのガソリン車の価格

【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ヴォクシー】価格はどっち?

ステップワゴンのガソリン車の価格は上記の表の通りです。

走りを意識した最上級グレードであるModulo X Honda SENSINGの価格は350万円前後で最上級グレードとしては比較的リーズナブルな価格設定となっています。

その他のグレードに関してはベースグレードのB・Honda SENSINGが250万円を切る価格、4WD車であっても300万円以下という価格で非常に購入しやすいですね。

ベースグレードであるが故装備は基本的なものが多いですが、決して質感が悪いというわけではありません。

また、ホンダがおすすめしているグレードのG・Honda SENSINGはトランクスペースのドアが横にも縦にも開くわくわくゲートやリア両側パワースライドドアなどの快適装備が充実しているグレードでありながら260万円、4WD車は280万円とコストパフォーマンスに優れた価格設定となっており、購入する際はこのグレードがおすすめです。

ホンダ・ステップワゴンのハイブリッド車の価格

【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ヴォクシー】価格はどっち?

ステップワゴンのハイブリッド車の価格はこのようになっています。

最上級グレードであり走りを意識したグレードでもあるHYBRID Modulo X Honda SENSINGの価格は400万円近い価格と、価格だけを見ると少々高い印象を受けます。

しかしながらハイブリッド車であることを考慮すると一概に高いとは言えず、むしろコストパフォーマンスに優れた価格と言えるでしょう。

因みに、ガソリン車では4WD車の設定がありましたがハイブリッド車では全てのグレードでFF車のみの設定です。

ハイブリッド車にFF車の設定が多い理由としては、重量の問題が挙げられます。

4WD車は文字通り四輪全てを駆動させる関係で専用の部品を搭載しなければなりません。

その専用の部品がとても重く、FF車に比べて50kg程度重量が増します。

更にハイブリッド車は駆動用バッテリーも搭載しなければならず、その駆動用バッテリーの重さは40kgとこちらも軽いとはいえない重量。

ハイブリッド車は低燃費を売りにしたモデルであり、以上のような理由から重くなる4WD車は基本的に設定しないというわけです。

トヨタ・ヴォクシーのガソリン車の価格

【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ヴォクシー】価格はどっち?

ヴォクシーのガソリン車の各グレードの価格は上記の表の通り。

走りを意識したスポーツグレードであるZS GR SPORT以外は基本的に7人乗りと8人乗りモデルそれぞれにFFと4WDの設定があります。

5つのグレードの中で最も安いのはXの8人乗りFF仕様でその価格は2,466,720円と、ステップワゴンのベースグレードの価格と比較するとその差は約10,000円程度。

逆にXの7人乗りFF仕様となると8人乗りに比べ少しだけ高くなっていますが、これはヴォクシーがデビューした当時は8人乗りのみの設定であったこと、つまり元々8人乗り車として設計されていたことから7人乗りに比べ8人乗りモデルを安くすることが出来るのです。

Xの8人乗り4WD仕様の価格も2,671,920円とステップワゴンのベースグレードの4WD仕様と比べるとヴォクシーの方がかなり安くなっており、4WD車が欲しい方にも優しい価格設定となっています。

特別仕様車であるZS煌の価格も、最も高い仕様でも300万円程度と非常にお買い得感がありステップワゴンをも凌駕する価格設定です。

トヨタ・ヴォクシーのハイブリッド車の価格

【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ヴォクシー】価格はどっち?

ヴォクシーのハイブリッド車は全てのグレードで7人乗りFF仕様のみの設定、更に走りを意識したスポーツグレードであるGR SPORTはハイブリッド車にはありません。

特別仕様車を除く3グレード中最も安いのはベースグレードのHYBRID Xでその価格は3,014,280円。

ステップワゴンと比較すると約30万円ほどヴォクシーの方が安くなっています。

ハイブリッド車の価格が安い辺り、流石はトヨタといった感じですね。

トヨタは日本の自動車メーカーでいち早く量産型ハイブリッド車であるプリウスを販売し、その地位を確実のもとにしてきました。

そのノウハウがトヨタのハイブリッド車全てに活きており、購入しやすい価格設定に出来ているのです。

また、驚くべきは特別仕様車の価格設定。

ハイブリッド車の特別仕様車としては非常にお買い得な価格で、特別感のあるヴォクシーが欲しい方にとってはありがたい価格設定ですね。

ホンダ・ステップワゴンとトヨタ・ヴォクシー、価格ではどっちの方がおすすめ?

【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ヴォクシー】価格はどっち?引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンとヴォクシー、両車の価格を表を用いて比較してみましたがガソリン車を購入する際はステップワゴンの方が、ハイブリッド車を購入する際はヴォクシーの方がおすすめです。

というのも、ガソリン車の場合ステップワゴンは1.5Lモデルが選択できますので税金の面で有利になります。

ヴォクシーの場合はガソリン車の場合は2.0Lの設定しかありませんので、ステップワゴンと比較すると税金面で不利となります。

維持費まで考えると、ガソリン車を選択するのであればステップワゴンの方がおすすめです。

ハイブリッド車の場合はステップワゴンはエンジンの排気量は2.0L、ヴォクシーは1.8Lの設定ですがそれぞれ価格を比較して見るとヴォクシーの方が安く非常に購入しやすいため、ハイブリッド車を選択するのであればヴォクシーの方をおすすめいたします。





【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ヴォクシー】大きさは?

価格面ではガソリン車はステップワゴンに、ハイブリッド車はヴォクシーに軍配が上がるという結果になりましたが大きさの面ではどちらの方が良いのでしょうか。

ライバル関係である2台の大きさについて、それぞれ見ていきましょう。

因みに、ヴォクシーに関しては一部のグレードで微妙に大きさが異なりますのでその点についても触れていきます。

ホンダ・ステップワゴンの大きさ

【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ヴォクシー】大きさは?引用:https://www.honda.co.jp

ステップワゴンの大きさについて、車体の大きさは全長4,760×全幅1,695×全高1,840mm、車内の広さに関しては室内長3,220×室内幅1,500×室内高1,405mmの大きさです。

5ナンバー車としてはフルサイズクラスの大きさでありながら、幅はコンパクトカー並みの大きさですので見た目の割には運転しやすいサイズ感となります。

また、車内の広さに関しては身長170cm以上の方であっても頭上に拳2つ分の余裕があるスペースを確保しており、ゆったりと座れる空間を確保できています。

前後のスペースにも余裕があり5ナンバー車でありながら車内空間は大型ミニバン並みと言えるでしょう。

トヨタ・ヴォクシーの大きさ

【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ヴォクシー】大きさは?引用:https://toyota.jp

ヴォクシーの大きさについて、車体そのものの大きさは全長4,695(ZSとHYBRID ZSは4,710)×全幅1,695(ZSとHYBRID ZSは1,735)×全高1,825mm(X、Vの4WD車は1,865、ZSの4WD車は1,870mm)、車内の広さに関しては室内長2,930×室内幅1,540×室内高1,400mmの大きさとなります。

ステップワゴンと車体の大きさを比較すると全長は65mmほど、全高も15mmほどヴォクシーの方が小さく全幅に関してはZSを除けばステップワゴンと全く同じ大きさです。

5ナンバー車は基本的に全幅の数値はほぼ同じであり、ヴォクシーに関しては長さがステップワゴンよりも短い分よりコンパクトカーと同じような感覚で運転することが出来ます。

車内の広さに関しては幅と高さに関してはそこまで大差はないものの、長さに関してはステップワゴンの方が数値上では大きいです。

しかしながら、セカンドシート(2列目シート)の広さに関しては身長170cmの方でも足を組んで座ることが出来るスペースを確保していますのでステップワゴンに比べて極端に狭いというわけではありません。

ホンダ・ステップワゴンとトヨタ・ヴォクシー、大きさではどっちがおすすめ?

【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ヴォクシー】大きさは?引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンとヴォクシー、両車の大きさを比較していきましたが大きさではヴォクシーの方がおすすめです。

ステップワゴンよりも車体の長さが短い分コンパクトカーのように運転できますのでステップワゴン以上に初心者や運転が苦手な方にとって運転しやすい車ですし、長さが短い割に車内空間はステップワゴンと同じくらい広いので運転しやすい車が欲しいという方であればヴォクシー一択でしょう。

とはいえ、幅はステップワゴンと変わりませんので機能性を取るということであればステップワゴンをおすすめいたします。

ステップワゴンにはリアドアが横にも縦にも開くわくわくゲートというドアが採用されていますので、荷物を多く乗せるという方であればわくわくゲートは非常に助かる機構です。

雨の日には縦に開き、晴れの日や立体駐車場など狭い所に停めている時は横に開くなどの使い方が出来るのはステップワゴンだけですので、荷物も載せつつ人も乗せる使い方をするのか、人を乗せることをメインとするのかを考えて購入を検討してみると良いでしょう。





【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ヴォクシー】燃費はどっち?

【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ヴォクシー】燃費はどっち?引用:https://autoc-one.jp

大きさの面ではヴォクシーの方がおすすめという結果になりましたが、一番気になる燃費ではどちらの方がより優れているのでしょうか。

ガソリン車とハイブリッド車の燃費について、市街地と郊外道路と高速道路の3シーンに分けてその実燃費を見ていきましょう。

また、あくまで参考値ではありますが両車のカタログ燃費についても触れていきますのでその違いについても注目してみてください。

ホンダ・ステップワゴンの燃費

【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ヴォクシー】燃費はどっち?

ステップワゴンの実燃費は上記の表の通り。

カタログ燃費ではガソリン車が17.0km/l、ハイブリッド車が20.0km/lとなっていますがこれはあくまで参考値です。

では実燃費はどうなのかというと、ストップアンドゴーが多い市街地ではやはり苦戦しガソリン車とハイブリッド車共に一番低い燃費値となっています。

しかしながらハイブリッド車は本来市街地が一番得意な場面であり、そこまで悪い燃費値ではありません。

カタログ燃費との差異もわずか0.8km/と非常に良好な燃費値で市街地が一番得意というのも頷けますね。

逆にガソリン車は高速道路が一番得意な場面となり、その燃費値は15.5km/lとカタログ燃費とは1.5km/lの差ではあるものの比較的良好な燃費値となっています。

このような低燃費値が出る理由としては、エンジンの技術だけでなく重量も関係しているからです。

ステップワゴンの重量は1.5トン程度であり、ミニバンとしては比較的軽いためにこのような良好な燃費値を出すことが出来ます。

燃費は重量も大きく関係するということを覚えておくと良いでしょう。

トヨタ・ヴォクシーの燃費

【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ヴォクシー】燃費はどっち?

ヴォクシーの市街地、郊外道路、高速道路での実燃費は上記の表の通り。

カタログ燃費はガソリン車が16.0km/l、ハイブリッド車は23.8km/lとなっていますが実際にはカタログ燃費以下の燃費値となっていますね。

カタログ燃費はあくまで参考値ですので差異があるのは仕方のないことでしょう。

ステップワゴンと比較してみると、市街地と郊外においてはステップワゴンに一歩譲る結果となっていて特に市街地での燃費の低さが目立っています。

ヴォクシーは2.0Lの排気量を持つエンジンを搭載しており、更に重量が1.6トンですので街中ではどうしても苦戦しがち。

しかし高速道路になると話は別で、ステップワゴンとほとんど大差がなく良好な燃費値を出しています。

燃費値としては全シーンでステップワゴンよりも低い燃費値が出ていますが、高速道路ではアクセル操作に気を付けることでステップワゴンよりももっと良好な燃費値を引き出すことが可能です。

ホンダ・ステップワゴンとトヨタ・ヴォクシー、燃費ではどっちがおすすめ?

【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ヴォクシー】燃費はどっち?

ステップワゴンとヴォクシー、両車共にカタログ燃費と実燃費を見ていきましたが燃費の面ではステップワゴンの方がおすすめです。

ステップワゴンはミニバンとしては軽い重量を活かし市街地でも悪くはない燃費値を出していますし、高速道路が苦手というわけでもなく全シーンで良好な燃費値ですので街乗りから長距離ドライブまで全てをカバーする能力があります。

ヴォクシーは市街地での実燃費の低さが目立つ結果となりましたが極端に悪いというわけではなく、高速道路においてはステップワゴンとの差異はほとんどありませんでした。

しかしながら、1.5トンのステップワゴンと1.6トンのヴォクシーとではやはり街中での燃費の差が顕著に出ますので市街地などを多く走る方でしたらステップワゴン一択です。

逆に高速道路をメインに走るという方でしたらヴォクシーの方をおすすめいたします。

 

アイキャッチ画像引用URL:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

【ホンダ・ステップワゴン】を80万円も安く買う方法とは何か!?

ホンダステップワゴン(STEPWGN)いいですよね!?

ガソリン車に加え
燃費のいいハイブリッド車や、
2WD・4WDだったり、
カラーリングも豊富で
いろいろ選べます!!

またステップワゴンには特別仕様車として
SPADAやModulo Xといった
一味違ったものを選べるのも
魅力の一つではないでしょうか!?

休日にステップワゴンで
ちょっとした旅行・・・
素敵なパパさんを演出できます!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「ステップワゴン欲しいけど高いな…」
「今使っている車とも長いし、
ステップワゴンに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れたな…」
「新車ステップワゴンを最安で欲しい…」
「ディーラーの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるの避けたい…」

などなど、
ステップワゴンの購入を
検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では100万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
各買取業者から電話が来ることはありません!
(電話はユーカーパックからのみです。)

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク


 

ホンダステップワゴンの関連記事はこちら!

【ホンダ・ステップワゴン】VS【日産・セレナ】はどっちを選ぶ!?

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・フリード】はどっち

【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ヴォクシー】はどっち

【ホンダ・ステップワゴン】VS【ホンダ・オデッセイ】はどっち

【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・アルファード】はどっち

【ホンダ・ステップワゴン】VS【トヨタ・ノア】はどっちが良い?

ピックアップ記事

  1. 走りはもちろんのこと、多くの人数を乗せることが可能なホンダステップワゴン。同じくミニバン販売…
  2. ちょうど良いサイズ感で街乗りでも扱いやすいステップワゴン。それに対し高級感を前面に押し出し、…
  3. 多くの人数を乗せることが可能であり、ゆとりある空間も確保しているステップワゴン。一方、同じく…
  4. ちょうど良いサイズ感で運転しやすいステップワゴンとトヨタの大人気ミドルクラスミニバンのヴォクシー。…
  5. 快適な空間を確保していながら、どこかスポーティーな印象もあるステップワゴン。ノーマルの状態で…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP